紙煙草と何が違うの?電子タバコの特徴を徹底解説

電子タバコは水蒸気を吸い込んで楽しむ

電子タバコは紙煙草と違い、様々な香りの付いたリキッドを加熱し、発生した水蒸気を吸い込んで楽しむものです。紙煙草のように煙が発生しないため、匂いが残りにくく副流煙の心配もありません。また、燃やす必要が無いため灰などの処理をする手間もありません。電子タバコにはリキッドが一体化されたタイプやリキッドを別に購入して楽しめるタイプなど色々な種類があります。リキッドが一体化したタイプは使用できる回数が限られた使い捨てタイプです。金額は電子タバコの中でも最も安く購入できるため、一番初めに試してみたい方におすすめです。電子タバコに慣れてきたら、色々なリキッドを使用できるタイプを利用すると良いでしょう。

リキッドには色々なフレーバーがある

電子タバコで使用するリキッドには、色々な種類のフレーバーが存在します。紙煙草から電子タバコに切り替える場合、まずは紙煙草に近い吸い応えのフレーバーを利用すると良いでしょう。紙煙草の味を再現したリキッドやメンソール系のリキッドは、切り替え派の人手も違和感なく楽しむことが可能です。また、電子タバコに慣れてきたら色々なフレーバーに挑戦するのも良いでしょう。さわやかな香りの柑橘系フレーバーや、ハーブ系のフレーバーは気分をスッキリさせたい時にぴったりです。女性にはチョコレート系の甘い香りのフレーバーも人気があります。他にも、エナジードリンクを再現した一風変わったフレーバーなども電子タバコならではです。気分によって色々なフレーバーを使い分けできることも、電子タバコの魅力の一つです。

ニコチンリキッドは海外に行った時に現地のショップで買うか、海外の通販サイトを利用して購入しましょう。