機械式時計のメンテナンスに関する疑問に答えます

ファッションアイテムとしての価値が高まる機械式時計

日本では1990年代後半から某カジュアルウェアブランドが国民的な人気を獲得するようになりました。さらに2000年代後半から外資系ファストファッションブランドも次々に日本に上陸し、各ファッション誌では同じようなコーディネートばかりを提案しています。街に同じような服装の人が溢れる中、個性的なデザインの商品が多い機械式時計を用いる事でコーディネートの差をつけようとする人が増加傾向です。

オーバーホールは毎年必要なんじゃないの?

ファッション性の高さに興味を閉めて機械式時計の購入を検討している人の中には、オーバーホールが面倒だと感じる人もいるようです。オーバーホールを行う業者の中には、出来るだけ顧客の利用頻度を上げて多く稼ぐため1年に1度くらいのオーバーホールを進めるケースもよく見受けられます。しかし、実際には1年に一度くらいのハイペースで数万円の費用をかけてオーバーホールを行う必然性はありません。毎日大事に扱い・磁気や水気に近づけないほど基本的な注意点を守っているのであれば、実際には4年に一度程度で十分です。つまり、そんなにたくさんの維持コストはかかりませんので意外と気軽に保有できます。

毎日ゼンマイを巻かなきゃいけないんでしょ?

機械式時計の中には確かに基本的に毎日ゼンマイを巻く必要がある手巻き商品も存在します。しかし機械式商品の中でも自動巻き商品を購入した場合は、そういった毎日の作業は一切不要です。ローターという特殊なオモリが歩いている時に回転して自動的にゼンマイを巻きあげてくれます。また、ワインディングマシーンという自動巻き上げ機を購入すれば、時計をつけていない休日さえもメンテナンス不要で時計は止まりません。

ウブロはスイスで生まれた高級腕時計ブランドです。オリジナリティ溢れるデザインが有名で、世界中のアスリートや芸能人などからも高い支持を得ています。